スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カトキ?
2010.03.12(Fri)
世界はひろくて、すごいひとが、いっぱいいるもんです。
普通っぽくみえるひとでも、実はすごかったりするんです。


でもそんなことに気付きたくなかった。
正確には、気づいてたけど比べることをしたくなかったかな。


でもまわりも自分も変わって、そうせざるおえなくなってきた。
自分が一生かけてもいいと思えるものの周りはひどく気になるんです。
それで悩んだり、うれしくなったり、凹んだり、気づいたり、足踏みしたり。


それがいいことか、わるいことかはわからないケド
おそらく意味はあることなんじゃないかなと、今は思います。



いままでと違う考えは、つらいことのが多いけど、
せっかくするのなら、ひとつずつ積み上げたいものです。



時間が足りないくせに、からっぽなくせに書こうとするから
書くのに時間かかるんですねぇ。


以上、がらでもない内容でした。ぷふぇ。ねむ。
スポンサーサイト
いんどのペンキ広告
2010.03.07(Sun)


久しぶりの投稿。
ネットで興味深い看板広告を見つけたので紹介。

インドの Berger Paint っていうペンキ会社の広告で

壁の補修とかでペンキを上塗りしてみると、思ってた色と
全然違って残念な思いをした経験をした人に対して

「うちのペンキなら、本物の空と見間違うくらいまでに精密に、
きれいな色を再現できますよ」ということを主張する看板広告とのことなんですが…


ほんまにペンキを塗った部分と、空が同化してるように見えますね!



実はこれ、ペンキで塗っているように見える部分は、後ろの青空が映ってるだけ。
その部分だけ紙がないんですね。
ペンキで塗ったように紙がカッティングされてるのです。


逆転の発想で、
本物の青空を、ペンキで塗ったように見間違えてもらえばいいんじゃないか
ということを考えた広告で、インパクトがあっておもしろいです。


でも細いところの紙はよく自立してるなぁ。
そこのが不思議。笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。